FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球学校創設者、地球大学理事「児島 一裕さん」がIZANAIにやってきた! 

 先週の月曜日に「児島 一裕さん」という方がIZANAIアカデミーに来てくださいました。

 小島 裕一郎先生と、よく名前が似ている児島さんは子どものような笑顔と心の持ち主。彼は1985年、日本で初期のフリースクール「地球学校」を創設しマスコミでも話題になった方。現在は一人一人が自分らしく輝く社会へ変革する道具・遊び・システム・「ビューティーエンジン」のガイドとして世界で活動しながら、子どもたちが自分らしく輝いて生きることや、大人が自分の才能を開き天職の道を歩むことをサポートしてらっしゃいます。児島さんは、IZANAIメンバーに紙芝居「レヒーナ」のお話しを聞かせてくれました。

REGINA1.jpg


 60年代後半にメキシコにいた一人の少女レヒーナ。チベットからメキシコに渡り、当時の人を覚醒に導いた少女レヒーナの物語は、小説より奇の壮絶な実話でした。 興味のある方は上下巻がアントニオ・ベラスコ ピーニャ著 で日本語版が出版されているので是非読んでみてください!

 紙芝居前に、児島さんがガイドとなり簡単なビューティーエンジンをやりました。みんなで輪になり、それぞれが「わたしは○○です」と言い3周する。ただ同じことを言わない。リズム良く言い、もし浮かばなかったら「パス」する。それだけのルール。
「わたしは小林 圭介です」 「わたしはシヴァです」「わたしは空です」「わたしはキラキラです」「わたしは宇宙です」「わたしは光の侍です」「わたしは宇宙のきかんぼうです」「わたしは光です」「わたしは火です」「わたしは水です」「わたしはうーたんです」「わたしは愛です」「わたしは風です」
終了後、素晴らしいエネルギーが流れそれをみんなで味わいました。純粋な意識で言ったことは必ず実現します。あとは自分がやるだけ・・・シンプル過ぎてとても嬉しくなります!
 さあ、いよいよ紙芝居スタートです!!

REGINA8.jpg

レヒーナの紙芝居を読む児島さん

 レヒーナの紙芝居の絵を描いたのは児島さんの二人の娘さんだそうです。児島さんはメキシコ本国や日本中でこの紙芝居を読み伝え、たくさんの人々に感動を届けています。

Logo-Mexico86.jpg

レヒーナがデザインしたメキシコオリンピックのコスチュームのロゴ

 1968年に亡くなったレヒーナの生き様は本当に奇跡でした。マザー・テレサの様な純粋な一点の曇りもない愛、意識は今もメキシコ中に影響を与えているそうです。人間は本当の自分を見失いどんな原因でも争いは起こしてしまう、それは一枚のミントのガムでも。そんな時代、そんな人々に向けて、ただただ純粋な意識をデモンストレーションし続ける。純粋な意識を思い出し、全ての人々が対立することを止め、手を取り合い輪となって平和で喜びに満ちた世界を創っていく。すごいっ!IZANAI踊りが目指し、行っていることと一緒だ!!僕はそう感じました。

REGINA26.jpg

 児島さんは次の日ラブノバにも来てくれ、なんとマウイUA NOAフェスティバルにも参加決定!!末永くお付き合いは続いていきます、これからもありがとうございます♪

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。